知名度激低! でも私は大好きなアクションアドベンチャーゲーム!

61bSWMO+D5L._AC_

1990年にジャレコから発売されたファミコン用ゲームソフトです。
1985年から始まり、そこそこ人気を得た「忍者じゃじゃ丸くん」シリーズの1つです。

これまでのシリーズは面クリア型の横アクションがメインでしたが、本作は「ゼルダの伝説」に似た見下ろし型のアクションアドベンチャーに変更。
レベルの概念はありませんが、ボスを倒していく事で新しい技を取得したり、ステータスがアップします。


さて、ファミコン世代なら「忍者じゃじゃ丸くん」はやった事があるかと思います。
ただ、シリーズ数がそこそこあり、どれがどれだか、ハッキリ分かる人は結構少ないんじゃないかと。

本作はジャンルが変わった事もあり、シリーズの中でも特に知名度が低いです。また、これまでどこか子供向け的な雰囲気だったものが、コミカルな部分がほぼ無い、ドシリアスな作風になっているのも影響していると思います。


私も「じゃじゃ丸くん」はやった事がありますが、具体的にどれをやっていたのかは覚えていません。
が、本作だけはハッキリ覚えている程ドップリハマり、今までに10回以上クリアする程好きな作品だったりします。


システム自体は普通です。画面の敵を倒してお金を手に入れ、武器やアイテムを揃えながらボスを倒していくというモノ。キャラが少し小さく、また初期の武器の射程が非常に短いので最初は苦労しますが、後半、武器が強化されるとそれほど難しくはありません。
ただ、もんじゃ寺に出てくるボス「人喰い和尚」だけは別格。こいつだけは恐ろしく強いです。比較的序盤のボスという事もありますが、装備が整ってなく、また攻撃にランダム要素が多く、私の感覚だとラスボスより強かった記憶があります(汗)。


私が本作でも最も気に入ったのが「音楽」です。
どれも印象的なメロディが組み込まれており、今でもハッキリ記憶に残っています。
特に好きだったのが一番ラスト。本作のラスボスである大魔獣が復活した後に流れる音楽がメチャクチャカッコイイ! 緊迫感がありながらも高揚感を煽るメロディが疾走する曲で、ファミコンでやった時はドキドキしながらラスボスの所まで行ったモノです。

ちなみに作曲は多和田吏(たわだ つかさ)氏。
後にポケモンシリーズ(コロシアムなど)の音楽を担当する事になる凄い人です。


また、グラフィックも結構頑張っており、ラスボス大魔獣の迫力ある映像に結構ビビったのを覚えています。


おそらく、2019年にこの作品をこんなに熱く語るヤツは私だけでしょう(汗)。
でも、今でも良い作品だと思っている事は間違いないので、気になった方はどうにかプレイしてもらいたいです。


 にほんブログ村 ゲームブログへ