キャッチーなメロディがたまらない、極上メロパワアルバム!

51-z0y7DlqL._AC_

ドイツ出身のメロパワバンドによって2004年に発売された、彼らにとって3枚目のアルバムです。

本作のヴォーカルは、ROYAL HUNT(ロイヤル ハント)に所属していたD.C.クーパーです。おそらく、本作の一番の売りはソコだったと思います。
私は1枚目、2枚目も持っており「そこそこレベルの高いバンドだな」くらいにしか思っていませんでした。
本作も、たまたま立ち寄ったディスクユニオンで輸入盤が安く売っていたので、何の気なしに買った程度でした。

が、聞いてビックリ。
あまりにもキャッチーな歌モノメタルアルバムとして超優秀な1枚だったのです。


音楽性はキーボードも使った普通のメロパワです。適度な疾走感、程よい長さのソロなど、これと言った特徴もありません。
しかし、本作が他のメロパワアルバムに比べて優れていたのは何といっても「歌がキャッチーだった」という事です。

D.C.クーパーによる確かに歌唱が紡ぐ、一度聞いただけで歌えてしまいそうな分かりやすく、哀愁漂う歌メロが非常に充実していたのです。
確か当時のインタビューでも「D.C.クーパーの歌がメインだ」とか言ってましたからね。

「ひな祭り」のイントロから始まる「Ride the Storm」。
(ギタリストのアレックス・バイロットの奥さんが日本人だかららしいです)
コッテコテのメロパワナンバー「No One Lives Forever」「Once Again」
本作一のスピードナンバー「Iron Hand」
歌メロが素晴らしいバラード「Spread Your Wings」

とどれも素晴らしい出来栄えです。
私は何といっても「Iron Hand」が最高だと思っています。これに勝るメロパワナンバーは早々無いよ。

良質なメロパワアルバムが聞きたいなら本作は外せません!


 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ