ベルトスクロールアクションの金字塔!ひたすらワルをぶん殴れ!

81Z4PfMHp7L._SY500_

1990年にスーパーファミコンから発売されたアクションゲームです。開発・販売はカプコン。ちなみにカプコンにとって初めてのSFCゲームです。
元は89年にアーケードで稼働していたゲームで、それをSFCに移植したモノです。キャラ(ガイ)が減っていたりしますが、完成度は高いです。

さて、ワルがたむろする「メトロシティ」を舞台に、コーディーとハガーの2人が片っ端から敵をぶっ飛ばすというこのゲーム。
シンプルながら敵をボッコボコにする爽快感がたまらなく楽しかった記憶があります。
効果音が良かったんですよね。素振りの「ブン!ブン!」って音とか、当てた時の「ドガッ!ドガッ!」、「でやぁ!」という掛け声など、「音」が好きで、何度やられても飽きなかったんですよね。


個人的にはコーディーよりもハガーの方が好きで、彼ばっかり使ってましたね。
彼はとにかく見た目のインパクトがデカい。上半身裸のオッサンというのが妙にハマりました。
まあ、今思えば初心者向けのコーディー使ってりゃ良かったな、とは思いますが。彼は攻撃力は高いんですが、隙がありすぎるんですよね……。


と、やっていてとても楽しいゲームだったんですが、難易度は非常に高く、私は頑張ってステージ3くらいまでしか行けませんでした。
ステージ1はそんなでもないんですが、ステージ2のボス「ソドム」が恐ろしく強く、大抵は彼にボコボコにされ、運良く彼を倒しても疲労困憊状態で、ステージ3のアンドレの大群にボコられるというパターンばかりでした。
たぶん、今やってもノーコンテニューでクリアはできないだろうな(汗)。


 にほんブログ村 ゲームブログへ