外伝だけど超面白い!グラディウスシリーズの1つの到達点!

images (1)

1997年にPS用ゲームとして発売されたシューティングゲームで、「グラディウスシリーズ」の1つです。


「外伝」となっているのは、様々な実験要素がある為です。
お馴染みビックバイパーやロードブリティッシュの他に新規の機体が2機追加。全機武装が異なります。また、ミサイルやレーザーの2段階パワーアップ、パワーアップゲージを自由に並べ替えられる、ステージの途中で分岐があるなど、これまでのグラディウスに無かったシステムが組み込まれています。

本作が素晴らしいのは上記の新システムが違和感無く機能してる事は勿論、PSになった事で非常に美麗なグラフィックが実現されている点、工夫次第で難易度も自由にいじれる点など、あらゆる点で極めて完成度が高く、個人的にはグラディウス史上、最高傑作だと考えています。


個人的に凄く好きだったのは「パワーアップゲージをいじれる」という事。これまでは1つ目のカプセルはスピードアップとなっていましたが、それをいきなりバリアに変える事だって可能なのです。オプションを1つ目や2つ目に配置すれば、あっという間にオプション満タンにできます。
これにより、やられた後の復活も簡単になり、非常に遊びやすくなりました。


また、どの機体を使うかも楽しい悩み所です。
ビックバイパーは正直もう飽きていたので(汗)、新規の機体を好んで使っていましたね。特に紫カラーのファルシオンβが好きでして、雑魚の時は敵を自動追尾するオートエイミング、ボスの時は高い火力を誇るグラビティバレットを使い分けていました。


敵も個性豊かで見ていて楽しかったし、本当素晴らしいシューティングでした。
2Dの横シューティングゲームの1つの頂点だと私は思います。


現在、PSと「グラディウスポータブル」としてPSPでプレイできます。
「ポータブル」は他のシリーズもプレイできるので、私としてはポータブルをお勧めします。まあ、プレミアついちゃってますけど(汗)。


☆よろしければクリックお願いします☆
 にほんブログ村 ゲームブログへ