江戸時代を舞台に、5人のキャラを使って進むシューティングゲーム!

35f408e9

1990年にゲームボーイ用ソフトとして発売されたシューティングゲームです。
魑魅魍魎を退治する為に集められた5人の猛者を操作し、妖怪を退治するという内容です。

5人の猛者は足軽・侍・忍者・僧侶・巫女の5人。その中から4人を選びます。
5人とも攻撃内容が異なり、どういうパーティにするかが非常に重要です。
また、パーティ構成も自由で、例えば足軽4人とか、侍2人と巫女2人とかも可能です。侍1人とかもできます。


おそらく本作を知っている方はかなり少ないんじゃないかと思います。私は妙に本作に魅力を感じ、リアルタイムで買って遊んでいましたが、友人達は誰一人本作の事を知りませんでした。

どんなパーティで挑むのがベストなのか、何回も遊んでは試行錯誤した記憶があります。
最初はシンプルに足軽4人とかでやっていましたが、あまりにも攻撃を食らいまくるので、後半は侍と僧侶の2人とかだったと記憶しています。
ただ、どんなパーティでもクリアできませんでしたが(汗)。


難しいんですよね、このゲーム。
ゲームボーイなので画面は小さいのに、キャラクターはそこそこ大きく、敵の攻撃も結構激しい。
パーティが多いと必然的に弾に当たる事も多くなり、難易度はかなり高かったです。
結局私は、最近になって動画サイトを見て、エンディングを見ました(汗)。ちなみにその動画だと侍1人と巫女1人というパーティでしたね。


ちなみに今だと箱付きなら2,000~3,000円くらいで取り引きされています。
90年のゲームボーイ作品としては、そこそこプレミアが付いている方じゃないかと思いますね。


☆よろしければクリックお願いします☆
 にほんブログ村 ゲームブログへ