日本で(のみ)ヒットしたハードロックバンドの傑作アルバム

o0425042514277814651

ドイツ出身のハードロックバンドFAIR WARNING(フェア・ウォーニング)が1997年に発売した、彼らにとって3枚目のアルバムです。

さて、日本のヘヴィメタル・ハードロックファンにはお馴染みのバンドです。
他のハードロックバンドよりも極めてメロディアスなフレーズが多く、日本では大ヒットしました。が、本国ドイツではほとんど受け入れられませんでした(最近はそうでもないみたいですが)。

世間では2枚目のアルバム「RAINMAKER」の評価が特に高く、実際2枚目も素晴らしい曲が多いんですが(特に「Burning Heart」)、個人的には彼らの最高傑作は本作だと思っています。


音楽性は極々普通のハードロックです。ヴォーカル・ギター2本・ベース・ドラムという基本的な構成で、音楽的にも何か特殊な事をしているわけではありません。
ただ、前述した通り、歌メロにしろ、Gtリフにしろ、非常にメロディアスで「激しさ」よりも「美しさ・美麗さ」が際立った作風になっています。おそらく、そういう部分が日本で受けたんだと思います。


まず1曲目「Angels Of Heaven」が素晴らしい。「天国の天使」というタイトルに相応しい、天にも昇るメロディがたまりません。
また、同じ方向性の「Save Me」や「Sailing Home」、壮大な雰囲気を持つ「Eyes Of A Stranger」もカッコイイ。

勿論バラードも素晴らしいです。
「All On Your Own」、特に「The Love Song」はシンプルなタイトルもあり、凄く好きです。


今なら中古で激安で買えます。が、ハッキリ言って勿体ないと思うくらい、良い曲が目白押しです。
メタルは激しすぎてちょっと……という人は、是非コレを聞いてみて下さい!


☆よろしければクリックお願いします☆
 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ