アニメの常識を覆した究極の「クソアニメ」

21929_1_9_8b

2018年にテレビで放送されたコメディアニメです。
ポプ子とピピ美の2人の女の子が織り成すシュールかつカオスなアニメで、元は大川ぶくぶ氏の描く漫画です。

さて、2018年に放送されたアニメで最も大きな話題になった作品だったと思います。
最大のポイントは構成と声優です。30分の内、前半15分と後半15がまったく同じ内容で、ポプ子とピピ美の声優が毎回変わるという、前代未聞のやり方が話題になりました。

声優さんは悠木碧氏・竹達彩奈氏・上坂すみれ氏と言った人気の若手から、大塚芳忠氏・若本規夫氏・銀河万丈氏と言った大ベテランまで揃っており、彼らのアドリブ満載の自由奔放すぎる演技は、ある意味一度は見てみる価値があると思います。

内容も数々のパロディがぶち込まれた放送できるギリギリの内容で、もはややりたい放題と言った感じでした。
特に「君の名は。」のパロディは新海誠監督に訴えられてもおかしくない程パクってましたね(笑)。


私は原作漫画がかなり異色だったのを知っていた為、アニメはどうなるんだろうと結構期待していました。そして、その期待を遥かに上回る内容に吹っ飛び、そして思い切り楽しませてもらいました。

あまりにもぶっ飛んでいる為、受け付けない人も間違いなくいると思いますが、あらゆるアニメの「定番」をぶち壊した本作はある意味エポックメイキングな作品だったと思います。
まあ、だからと言ってこれを真似する後続作品が出てくるとは思えないですけどね。


と思ったら、「ギャルと恐竜」という、本作に少なからず影響を受けたヘンテコな作品が出てきました。
数年に1作くらいは楽しめそうです。毎年だったら嫌だな……ww


☆よろしければクリックお願いします☆
 にほんブログ村 アニメブログへ