可愛い外見とは裏腹に難易度高めのアクションゲーム

EKiCizwX0AEoU8q


1988年にタイトーから発表されたアーケードゲームです。
ひよこみたいな外見の動物ティキを操作し、さらわれた恋人と仲間達を助けに行くというストーリーです。


私がこれに興味を持ったのは、やはりその外見でした。カラフルなステージと可愛いひよこのキャラクターに魅了され、一方でそのひよこが弓矢や爆弾、レーザー砲などをぶっ放しながら突き進んでいくという映像にビックリしたのを覚えています。

が、そんな分かりやすい映像とは裏腹に難易度はかなり高めでした。
そう感じた最大の理由は、何といっても「複雑なステージ」でした。左から右に進むだけのシンプルなステージ構成ではなく、ステージの中にいくつもの扉があり、正解の扉を見つけてゴールまで辿り着くスタイル。これがかなりややこしく、何度も同じ場所を行ったり来たりする必要がありました。

また、操作性も微妙に不親切で、特に風船などを使って空中を浮遊する機会が多いのに、この風船の操作が絶妙にいやらしく、慣れるまでは何度もトゲトゲの障害物に当たってやられると思います。

もちろん、私も当時はまったくクリアできず、ステージ1のクジラのボスを倒すのが精いっぱいでした(汗)。


現在は実に様々な機種に移植されており、今一番気軽に手に入れるなら、ニンテンドーDSの「ニュージーランドストーリーDS」辺りがおススメです。



☆よろしければクリックお願いします☆
 にほんブログ村 ゲームブログへ