ドット絵FFの集大成!SFC最後のファイナルファンタジー

DjbaU24UcAAlK5q

1994年にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)より発売されたSFC用RPGです。
言わずと知れたファイナルファンタジーシリーズの第6作目になります。


こんな事を言うと懐古厨と言われてしまうかもしれませんが、私の中で最も印象に残っているファイナルファンタジーと言えば「4」「5」「6」だったりします。これは小学校~中学校時代にプレイしたファイナルファンタジーです。

勿論「7」以降もプレイはしていますが、ドラクエやFF以外にも数多くのRPGを知り、そしてゲーム以外にも楽しい遊びを知った今と、遊びと言えばゲームしかなかった学生時代とでは、脳ミソへの焼き付き具合が全然違うのです。
また、今はお金があるのでポンポンと新しいゲームをやっていますが、当時はお金が無かったので1本をしゃぶりつくす様にやっていたというのもあると思います。


「6」はSFC最後のファイナルファンタジーであり、おそらくSFCの中では最も美麗なドットグラフィックの作品だと思います。
また、明確な主人公が存在せず、操作キャラ全員が主役(扱い)という、群像劇的なストーリーも新鮮でした。まあ、斬新すぎて当時はちょっとついていけない部分はありましたが。
後半、加入任意でストーリーを進められるっていうのが、私にとっては新しすぎてちょっと馴染めませんでしたね。


後のシリーズにも受け継がれるスチームパンクなファンタジー世界観、召喚魔法を始めとした美しい映像、ロック・ティナ・セリス・セッツァー・ケフカと言った魅力的なキャラクター、植松信夫氏によるプログレッシブながらメロディアスなBGM‥‥ファイナルファンタジーという作品群の良い部分が凝縮された名作だと思います。
本作を3Dでリメイクしてくれたのなら、発売日に買いに行ったと思います(「7」リメイクは未プレイ)。


ちなみに個人的に一番好きなキャラクターはセリスです。私の中では「4」のローザと「6」のセリス、この2人が最強です。「7」のティファも嫌いじゃないですが、ちょっと色々といじられ過ぎてて自分は一歩引いて見ています(笑)。


「4」で初めてSFCFFの魅力を知り、「5」でジョブを極める事にハマり、「6」で更なる発展を遂げた私の中のFF。当時、私の中でFFは間違いなく最高のRPGシリーズでした。

「7」はPSで発売されましたが、私はSS(セガサターン)を買ってしまい、しばらくFFとは遠ざかる生活をする事に。その間に他の様々なゲームを知り、結局それがきっかけで私の中の「最高RPGはFF」という概念が崩れ、今に至っています。

うん、このブログ、やっぱり懐古厨な気がしてきた(汗)。