人生で初めてバグで困った、ある意味記念すべきゲーム(笑)

51VHN5SA2VL._AC_

2003年にPS2で発売されたRPGゲームです。タイトルには書いていませんがスターオーシャンシリーズの第三弾になります。

PSで「スターオーシャンセカンドストーリー」をプレイし、ピーキーなバランスながらもハマった為、本作も楽しみにしていました。
PS2になった事でグラフィックは飛躍的に向上。頭身もググンと上がり、アクション性もアップ。全ての面においてレベルアップしており、とにかく序盤は楽しかったですね。


が、いきなり大きな壁が。それは「チンピラバグ」です。
これは最序盤のイベントでチンピラ3人と戦う場面があるんですが、ここで極めて高い確率で操作を受け付けなくなるというバグが発生するというモノ。元々バグの多い本作ですが、最も有名かつ凶悪なのがコレです。
私も見事にコレにハマり、どう頑張っても進めない展開に。困りに困った末、当時まだ広がり始めたばかりだったインターネットなど駆使して調べ「素早く倒せば切り抜けられる」との情報をゲット。
その為に周囲でかなりの時間をかけてレベルを上げ、戦闘開始直後で瞬殺できるほどの強さを手に入れ、なんとかピンチを切り抜けました。
この瞬間、ある意味ラスボス倒した時よりも嬉しかったです(笑)。


その後は楽しくプレイしていましたが、おそらくスターオーシャン史上最も賛否両論を生んだであろう「実はこの世界はシュミレーターで作られた嘘の世界でした」という展開にビックリ。
もう少し細かく言うと、主人公達が旅してきた世界は、とある会社によって作られたオンラインゲーム的な仮想の中の出来事だったという事が判明するんです。主人公達もゲームの中のキャラクターであり、正式な人間ではなかったという、これまでの世界観を全てひっくり返す驚愕の設定なわけです。

ちなみにこの設定、スターオーシャンシリーズ全てに適用されているそうで、つまり「1」も「2」も、更に言えば「4」や「5」も「シュミレーターの中の出来事」という事になるらしいです。
まあ、本作以外でこの事が語られる事は無いんですが。


また、ゲームが進むにつれて顔を出してくるトライエースらしいピーキーなバランスは相変わらず。凄まじい連続攻撃であっという間に倒される事も珍しくなくなります。こっちもスキルなどで物凄い攻撃が出来たりするので、「一瞬で死ぬか殺すか」という、ある意味緊張感のある戦闘が楽しめます。


色々とあった作品ですが、マリアが素敵だった個性的なキャラクター、桜庭統氏のプログレッシブな楽曲など、良かった点も数多く、それ故に印象深い作品だったと思います。
今ならPS4などでも販売してるので、今からやっても良いかもしれませんね。